離婚調停を成功させる方法

HOME > 離婚調停を成功させる方法

離婚調停を成功させる方法

離婚調停成功マニュアルはこちら

もしかしたらあなたは、離婚は弁護士に任せればいいと思っていませんか?
離婚には段階があって、離婚裁判までもつれ込んだ場合には弁護士の力が必要です。
しかし、日本では「調停前置主義」という制度が取られていて、裁判の前に離婚調停を行わなくてはなりません。
裁判は離婚調停で決着がつかなかった場合にのみ行われ、あくまで離婚の最終手段なのです。

離婚するまでの流れ

この離婚調停には弁護士は必要ありません。
弁護士は離婚のスペシャリストではないので、この時点で弁護士に頼ると、調停が不利に進む可能性さえあります。
離婚調停は場所こそ家庭裁判所で行われますが、その内容は裁判とは根本的に異なります。裁判のように法律が調停の行方を左右するわけではないのです。

離婚調停とは一体何なのかをまとめると、裁判との違いは大きく分けて4つあります。
1、離婚調停は、裁判のように立件や証明という概念がない
2、裁判官など善悪を裁く人はいない、代わりに調停委員が立ち会う
3、法律や法的知識は一切適用されない
4、調停委員は法律に精通しているわけではない

このことを考えると、離婚調停を有利に進めて、離婚を成功させる方法はただひとつです。
それはずばり、「立会人の調停委員を味方につけること」。
立会人の第三者を味方につけた方が、離婚調停は断然有利になるのです。

弁護士の専門知識が、時にして役に立たないのはこういう理由からです。
法律で話を推し進めると、立会人の機嫌をそこねてしまうケースが多いという恐ろしい事実もよく聞きます。
離婚調停を通利に進めるには、「憎しみや悲しみ」「思いやり」「切実さと誠実さ」、そして時として「冷静さ」が求められます。
感情的なって泣き喚くだけでは、勝利を手にすることは出来ません。
確実に、立会人の「同情を誘う」必要があるのです。

離婚調停は、公平な場ではなく、あくまで“勝ち負け”を前提とした話し合いなので、【調停の鍵を握る重要人物は「調停委員」である】ことを意識することが最も重要です。

もしあなたが本気で離婚をしたいと考えているなら、こちらの 離婚調停成功マニュアルがおすすめです。
離婚に関する具体的な調停事例を解説して、あなたの離婚を有利に進める実践的な解決方法を教えてくれます。
もしあなたが、離婚調停を明日に控えていたとしても、有利に調停を進めて離婚を成功させるマニュアルとなっています。
メディアでも有名な離婚調停コンサルタントが公開している情報なので、かなりおすすめです。
 
▼離婚調停成功する方法はこちら▼

PAGE TOP