産後クライシスで高まる離婚のリスク

HOME > 産後クライシスで高まる離婚のリスク

産後クライシスで高まる離婚のリスク

[産後クライシス]と言う言葉をご存知ですか?
最近よく耳にする言葉ですが、NHKの情報番組で[危機・局面・崩壊]を意味するクライシス(crysis)。
これをなぞらえ作られた造語です。

意味合いは出産後に、急激に夫婦関係が冷え込む事。
出産後の夫婦崩壊 = 産後クライシス と言うわけです。

現在でも認知度は低いのですが、厚生労働省では、出産後の離婚件数を調査していて、これらの集計結果が、[産後クライシス]の指針になりました。

産後の離婚

母子家庭(離婚)に至った時期は、産後2年以内が一番多く、5年以内までに全体の50%に達します。
それ以降はゆっくりと離婚率が下がるので、産後5年以内が、最も危険な時期と言えます。

なぜ[産後クライシス]が訪れるのでしょうか?
出産 = 女性最大の喜びとも言われますが、初めての出産は喜びと共に、思わぬアクシデントが起こります。
原因はいくつか考えられますが、
現在考えられている要因は、大きく分けて2つあります。
* ライフスタイルの急激な変化
* ホルモンバランスの変化
これらを検証し、対策を考えましょう。

 ライフスタイルの急激な変化

当然と言えば当然ですが、出産後は赤ちゃんが中心になります。
頭では分かっていても、初めての経験は知識だけでは追いつきません。

夜泣きや定期的な授乳。
睡眠時間を赤ちゃんに合わせれば良いのですが、実際の生活の中では、なかなかそうも行きません。
なぜなら、貴女と赤ちゃん以外は、今迄の時間が継続するからです。
常に寝不足の状態になり、おぼつかない家事、継続し難い友人関係、無くなる自由時間。
とりわけパートナーに対しては、自分ばかり苦労している様に感じ、ストレスが溜まっていきます。
これらはネグレクトにも直結する、危険な状態です。

対策は周囲の理解と御自信の心構えしかありません。
恥ずかしがらずに、周囲に子育ての大変さを話すのも必要です。
ストレスは個人個人で大きく違います。
生活環境も違うのですから、当たり前の事ですね。

公的機関も含めて、甘えられる事は、甘えてしまいましょう。
自治体によっては育児支援がある場合もありますし、御自信の両親や、パートナーの両親は子育ての先輩です。
時代の移り変わりで、解釈の違う面は否めませんが、本質は変わりません。
学び甘えられる面は、言葉は悪いですが利用しましょう。
ただし、それらが御自身のストレスになる場合は、逆効果なのも理解しましょう。

パ-トナーの理解は最も大事です。
難しくなるかも知れませんが、話し合いは積極的に時間を作りましょう。

ですが、過度の期待はギャップに繋がります。
出産や育児、とりわけ出産は女性特有の物です。
完全な理解など、出来るはずがありません。

とはいえ、パートナーに甘える行為や、些細な家事の手伝いは、貴女の助けになります。
ゴミ出しや食器洗い、その程度の事でも貴女の環境は変わっていきます。

その時に注意するべき事は、洗い物や家事に基本経験の無い男性。
初めから上手に行くわけがありません。
貴女にとって納得いかない部分があっても、先ずは手伝ってくれる。
その事が凄い事だと理解しましょう。

ホルモンバランスの変化

妊娠出産は、女性の身体に急激な変化を与えます。これだけ医学が進歩しても、まだまだ分からない事だらけで、言葉で表せる程、容易な事ではありません。
疲れやすい、体調の変化が激しい・・・
様々な症状が有るかもしれませんが、ホルモンバランスの変化が身体に起こす影響は、少なくありません。
今迄どうりの行動が出来ないとしても、御自信を攻めてはいけません。
ホルモンバランスの変化であれば、一過性の事も充分考えられます。
出来なくなった事が、自分が悪いなどとは、けっして思わない事です。

産後クライシスまとめ

長々と記載しましたが、自分と周囲の理解。
これが一番大事と言えます。
そして、自分の理解は体調だけではありません。
パートナーへの理解も大事です。

自分が辛くなると、自分以外は楽に感じる物です。
これは、ある意味心理なので仕方が無いのですが、パートナーにも様々な変化があるのです。
ライフスタイルの変化、一家の大黒柱、父親になる事のプレッシャー等々です。

御自身だけが辛い、そう考えると辛さやストレスは大きくなります。
考えや環境等、変わってきた現実を共有する等して、上手にストレスを発散しましょう。

心に無理のない生活。
それ以外に[産後クライシス]を防ぐ手立ては無いのです。

 
  【おすすめ人気記事】
  離婚占いランキング
  結婚生活・子供を占う聖なる母ルシア
  夫に許してもらい離婚を回避する方法
 

PAGE TOP